ハイジニーナ黒ずみ レーザー脱毛

ハイジニーナの黒ずみとレーザー脱毛の関係

レーザー脱毛のデメリット

 

医療機関でハイジニーナをレーザー脱毛した方で、ハイジニーナの色素沈着がひどくなったと感じる方もいらっしゃると思います。

 

レーザー脱毛は黒いものに反応して照射するため、出力が強すぎたりすると黒ずみの部分にレーザーが過度に反応し、やけどをしてしまうことがあります。

 

このやけどが色素沈着を引き起こし、ハイジニーナがもとの色より黒くなってしまう可能性がでてきます。

 

医療機関でのレーザー脱毛は、早く毛量が減るという点では効果的かもしれませんが、ハイジニーナの黒ずみが気になり、やけどによる色素沈着を避けたい方は、エステサロンの光脱毛を選択したほうが無難です。

 

こちらはシミやほくろも色が薄くなるので色素沈着することはないと言われています。

 

普段の生活もハイジニーナに気遣う

 

ハイジニーナの色素沈着は、脱毛の手法を変えたり、専用美白クリームを使用することで、食い止めることは可能ですが、同時に日々の生活スタイルを見直してみることも大切です。

 

例えば下着を身につける場合、摩擦をなるべくしないものを選ぶのも重要です。

 

トイレのあとも硬いトイレットペーパーでゴシゴシ拭くのではなく、柔らかいものを使ったり、ウォシュレットや乾燥機能を利用しましょう。

 

また、入浴後など保湿をしっかりすることも忘れてはなりません。

 

さらに、シミが薄くなり肌の色を明るくするなど美白効果のあるビタミンCをサプリメントで摂取するとなお良いでしょう。

 

ハイジニーナ黒ずみ