Oライン 黒ずみ ケア

見られたら恥ずかしい!Oラインの黒ずみをケアするには?

Oライン黒ずみクリームランキング

 

肛門周り、いわゆるOラインの黒ずみに悩んでいませんか?

 

つい油断しがちな箇所ですが、いつ誰に見られているかわかりません。もしかしたら、彼氏かもしれませんし、病院の先生かもしれません。

 

いずれにせよ見られていたら恥ずかしいのは間違いありませんよね?

 

恥ずかしい思いをしないで済むよう、肛門周りの黒ずみをケアする方法を知っておいて損はありません。

 

【1.美白クリームで黒ずみケア】

 

Oラインの黒ずみケアには美白クリームが有効です。

 

しかし、美白クリームにはいろいろな種類が販売されています。重要なのはデリケートゾーン専用の美白クリームを購入することです。

 

デリケートゾーン用に作られているクリームじゃないと、心配なのがお肌に対する刺激が強すぎることです。

 

Oラインのお肌は皮膚の厚みが薄くて非常に敏感なので、刺激が弱めに抑えられているデリケートゾーン専用のクリームを購入するようにしましょう。

 

美白クリームを使用することで、お肌の新陳代謝が整えられて、黒ずみの元になるメラニン色素の除去をスムーズにできるようになります。

 

気になるOラインの黒ずみに塗ってあげましょう。

 

【2.お尻への負担を軽くする】

 

デスクワークの時間が長い人はお尻への負担が大きく、それも黒ずみをつくる原因になります。

 

角質肥厚を起こしてしまい、色素が沈着してしまうんですね。そして、慢性的にお尻が圧迫を受けることで、血流が悪くなります。

 

血流が滞ると新陳代謝が上手くいかなくなります。結果、メラニンの排出ができずに皮膚が黒ずんでしまうんですね。

 

ですから長い時間椅子に座る人は、クッションを使ったりして、お尻への負担を少なくすることが大切です。

 

また、お尻が蒸れるとそれも悩みになるので、通気性が良くて、クッション性が高いものを購入するようにするのがオススメです。

 

【3.ピーリングで角質を取り除く】

 

厚くなりくすんでいる角質にはピーリングが有効です。ピーリングを行うことで古い角質を取り除いて、新陳代謝を促進します。

 

ピーリングはくすみを取り除くだけではなくて、硬くなったお肌を柔らかくする働きもあります。

 

お肌が柔らかくなると、同じ美白クリームを塗っても浸透率がまるで違います。

 

お尻の黒ずみが気になるなら週1くらいのペースでしてみましょう。ただし、ピーリング後の保湿ケアはしっかりとするように心がけてください。

 

ケミカルピーリングやレーザーピーリングなどが人気です。

 

【4.ハイドロキノンを病院で処方してもらう】

 

ハイドロキノンは美白成分として代表的なものです。ハイドロキノンは皮膚科などで処方してもらう必要があります。

 

ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも呼ばれていています。美白効果が強力で、ビタミンC誘導体やプラセンタなどの100倍もの美白効果があると言われています。

 

美白効果が強烈ですから、黒ずみケアだけではなくてシミやそばかすなどにも有効とされています。

 

ハイドロキノンが美白に有効なのは、メラニン生成を抑えて、メラニンの数を減らしてくれる効果が期待できるからです。

 

【まとめ】

 

Oラインの黒ずみをそのままにしておきたくないはず。彼氏に見られてドン引きされたくはありませんよね?

 

そうならないためにも、コチラでご紹介したOライン黒ずみをケアする方法の中から、ご自身に合った方法を試してみてくださいね。